[[短編童話]]
 *恥ずかしがり屋のパティ [#haa92def]
 -著:funyara9(滝川雅晴)
 -作成日:2008/11/17
 *本編 [#zd11d016]
 
  女の子のパティは、とても恥ずかしがり屋でした。
 
  ある日、お友達のライラライが、パティの家にやってきました。
 
 「ねえ、みんなで食べに行こうよ」
 「・・・」
 「行くよ!」
 
  ライラライは、パティの手を取りました。
  パティは下を向いて、だまってライラライについて行きました。
 
  店に着くと、ライラライのお友達がたくさん来ておりました。
 
 「ライラライ、お久しぶり!」
 「お久しぶりね!あら、ポコったら、ちょっと素敵な髪型じゃない!」
 「アハハ、そう?ありがとう!」
 
 #hr
 
  パティはコップをずっと口につけながら、みんなの話を聞いていました。
 
 「ねえパティ。最近何か、おもしろい事はあった?」
 
  パティは顔を真っ赤にしながら言いました。
 
 「・・・別に、何もないわ」
 
 「アハハ、パティに聞くのが間違いよ。この子、何もしゃべらないんだから」
 
  それから、パティは下を向いて、だまってみんなの話を聞いていました。
  ライラライは、パティの背中を触って言いました。
 
 「パティ、気にしなくてもいいのよ。そのうち慣れるから」
 
 #hr
 
  パティは家に帰ると、おふとんの中で泣いておりました。
 
 『私はなんにも魅力がない子。もうみんなで食べになんか、行きたくないわ』
 
  ひと月が過ぎた頃、お友達のライラライが、パティの家にやってきました。
 
 「ねえ、みんなで食べに行こうよ」
 「・・・」
 「行くよ!」
 
  ライラライは、パティの手を取りました。
  パティは手をほどいて、首を横に振りました。
 
 「パティ、どうしたの?元気がないわね。具合が悪いの?」
 
  パティは首を縦に振りました。
 
 「そう、わかったわ。じゃあね」
 
  ライラライは、そう言うと去って行きました。
 
 #hr
 
  ある日の朝、パティは目が覚めると、小鳥が窓に止まっておりました。
 
 『あら、かわいい小鳥だこと』
 
  パティは、小鳥に向かってそっと手を伸ばしました。
 
 『パタパタパタ・・・』
 
  小鳥は窓から飛び去って行きました。
  小鳥は森に向かって飛んで行きました。
 
  パティは小鳥に会いたくなって、家を出ると森に行きました。
 
 『あら、見つけた!』
 
  小鳥はつがいになって、巣の周りを飛んでおりました。
  巣には二匹のひなが鳴いておりました。
 
  パティはうれしくなって、じっと小鳥と巣のひなを見つめておりました。
 
 #hr
 
  次の日、パティはまた森に行きました。
 
 『あら、見つけた!』
 
  パティはうれしくなって、じっと小鳥と巣のひなを見つめておりました。
 
  すると、見知らぬ男の子が近づいてきました。
 
  パティはびっくりして、逃げようとしました。
 
  男の子は、パティに手紙を渡しました。
 
  パティはさらにびっくりして、家に逃げて帰りました。
 
 #hr
 
  家に帰ると、パティはおそるおそる、手紙を開けました。
 
  開けると、二枚の紙が入っておりました。
 
  一枚目の紙には、小鳥を見ているパティの絵が描かれておりました。
 
  二枚目の紙には、字が書かれておりました。
 
 『突然のお手紙をお許し下さい。
  僕の名前はタタ。
  あなたを森で見かけて、お友達になりたいと思いました。
  よかったら、お友達になってくれるとうれしいです。
  タタより』
 
 #hr
 
  次の日、パティは家を出ると、おそるおそる森に向かいました。
 
  パティは小鳥の巣のそばに来ると、あたりを見渡しました。
 
  すると、タタが歩いてやってきました。
 
  パティはびっくりして、逃げようとしました。
 
  タタはにっこりと笑って、パティに手を振りました。
 
  パティはそれを見て、立ち止まりました。
 
  パティはタタに言いました。
 
 「・・・私は別に、おもしろくない子よ」
 
 #hr
 
  タタは、ポケットから紙を出すと、何かを書いてパティに渡しました。
 
 『僕は生まれつき、声が出ません。
  こんな僕でよかったら、お友達になってくれるとうれしいです。
  あなたの名前は?』
 
  パティは少し驚いて、タタに言いました。
 
 「・・・私の名はパティ。でも、どうして私なんかと?」
 
  タタは、紙に書いてパティに渡しました。
 
 『ありのままのあなたを見て、とても素敵と思いました』
 
  パティは顔を真っ赤にして、タタに言いました。
 
 「そんな・・・ 私はとても恥ずかしがり屋で、みんなからは、つまらない子と思われているのよ」
 
  タタは、紙に書いてパティに渡しました。
 
 『そんな所も、とても素敵です』
 
  それから、パティとタタはとても仲良しになりました。
 
 #hr
 
  ひと月が過ぎた頃、お友達のライラライが、パティの家にやってきました。
 
 「ねえ、みんなで食べに行こうよ」
 「あら、ライラライ!ええ、行くわ!」
 
  ライラライは、びっくりしてパティに言いました。
 
 「あなた、いつもと違うわね」
 
  店に着くと、ライラライのお友達がたくさん来ておりました。
 
 「ライラライ、お久しぶり!」
 「あら、パティ!どうしたの?素敵な髪型じゃない!」
 
  パティはにこにこしながら、みんなに話しました。
 
 「これはね、ボーイフレンドのタタに整えてもらったのよ」
 
 「まあ、パティったら、いつの間に!やるわねえ、アハハ」
 「ねえ、今度タタを連れて来てもいい?」
 「もちろんよ!見たい見たい!」
 「ねえ、どうやって知り合ったの?」
 
  この日は、パティが主役でした。
 
  それから、パティはいつの間にか、恥ずかしがり屋ではなくなりました。
 
 CENTER:''≪完≫''
 
 #navi(短編童話)
 
 #back(戻る,center,0)
 
 感想等の書き込みをお待ちしております。
 下記の掲示板で自由に書き込みが出来ます。
 #article
 
トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream PS3体験版情報 名作シネマ☆セリフ
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語

WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社